施工事例

モノトーンの家

 

サンオウホームが建築させていただいた新築住宅【モノトーンの家】をご紹介します。

 

 

こちらの家のオーナーさまは、以前に「オーナーさまエピソード」でご紹介したバドミントンを一緒にした女性です。

https://www.sanouhome.jp/archives/328

モノトーンの家」というイメージコンセプトは、奥さまのご希望でした。

 

サンオウホームが施工した実家のご近所の家がモノトーンデザインで、それに強く憧れていたからだとか。

そして、白を基調とした、シンプルでかっこいい新居をご提案させていただきました。

では、ご夫婦のこだわりが詰まった場所を見ていきましょう。

 

こちらは、リビングの横の「畳部屋」です。

琉球畳のモダンなデザインとマッチした、上品な空間に仕上げました。

家族でゆっくりとくつろげる空間にしたいとのお話しから、奥の壁だけ青色のアクセントを入れるご提案をしました。

青は、鎮静・穏やかな作用をもたらす色

お子さまが寝転がって遊ぶスペースにもぴったりですね。

 

 

そして、ご夫婦のお気に入り場所の「勝手口」です。

 

玄関とは別に、勝手口からも出入りができるようにしたいという希望がありました。

そこで、お子さまが泥んこで帰ってきたら、勝手口で靴を脱いで手を洗えるようシンクを設置

そして、そのままお風呂へ入ってからリビングに行けるような動線を考えました。

 

 

勝手口のシンクは、手洗いだけでなく、野菜もザブザブ洗える深めのサイズに。

階段下のスペースを上手く使い、思った以上に広く使い勝手の良い空間となりました。

収納棚も付けて、ご家族専用のサブ玄関として活躍しているそうですよ!

 

 

 

こちらの「階段」の造作の棚は、坂井からの提案で作らせていただきました。

階段は、壁による圧迫感や暗がりを生みがちな場所ですが、棚を作ることで光を通し、明るく窮屈感を和らげてくれます。

棚に好きな雑貨や植物を飾れば、生活に彩りも添えてくれますね♪

 

 

階段には、こちらもまた坂井の提案でアンティーク風の照明を付けました。

割れ加工されたガラスが、とてもおしゃれなデザインです。

明かりが灯ると、壁に割れ模様が映し出されて幻想的な空間が広がります。

ご夫婦は、これらの提案をとても喜んでくだり、今ではお気に入りの場所だそうですよ♪

 

 

寝室は、熟睡できるようにシックで落ち着いたブラウン系でまとめました。

そして、近隣や外から室内が見えないように、高窓を採用。

光はたっぷり入るけど、プライバシーはしっかり守ってくれます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

他にも、高低差のある土地を生かしてデザインしたカーポートや、ほうきやスコップ、お子さまの三輪車などをスッキリ片付けて置ける玄関の目隠しなど、工夫したポイントはたくさん!

みなさんの家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

【モノトーンの家】お客様の声はこちらから⬇︎

 

ふたりの思いが合わさった。家族の「笑顔」を育むくらし